グレインフリーのキャットフードを選ぶときの注意点


世の中には色々なメーカーが猫のためにキャットフードを開発しています。種類も様々ですが、使われている素材も異なります。近年では安価なキャットフードはコストを削減するために穀物を主原料にしており、問題にもなっていますが、グレインフリーだからと言って安心してはなりません。グレインフリーを謳うキャットフードでも中には植物性たんぱく質が多いものも登場しています。

例えば、豆などの原料が使用されていることがあり、イネ科に比べると消化はしやすいと言われていますが、炭水化物が含まれているのが同じです。中には一般的に販売されているキャットフードよりも炭水化物が多い場合もあるので注意が必要です。選ぶときには穀物不使用だけに惑わされずにしっかりと飼い主が原材料の成分をチェックする必要があります。

また、腎機能に異常がある猫に関しては高たんぱくのフードを与えると症状が悪くなる可能性もあるため、どんな症状でも同じキャットフードを与えれば良いというわけではありません。特にシニア期にさしかかる猫の場合、穀物フリーの食事を与える時は一度医師に相談してから決めるようにすると安心です。

このように、色々な種類のキャットフードがあるので、健康のためにも事前に調べておくことが重要です。